Q&A

DMW関西は何の略称ですか?
DMW関西とは、Direct Marketing Workshopの頭文字に関西をつけた名称です。1984年、米国DM業界視察ツアーに参加したメンバーが、視察後もその所属する企業の肩書きにこだわることなくひとり一人の本音を語りあう場を月に一度東京に持ちました。その1年後、関西地区に居住するメンバーが「DMW関西」を立ち上げ現在に至っています。その後、名古屋、九州と誕生しました。
DMWって日本には幾つあるのですか?
現在、国内には東京、関西、名古屋、九州の4つのDMW事務局があります。DMW関西以外の事務局については全国のDMW事務局をご覧ください。
DMWではどんな活動をしていますか?
活動内容は、会員相互の現場における情報交換やダイレクトマーケティング理論や国内外の事例研究です。そのために、毎月第2金曜日の夕刻より定例会を開催、年一度の海外視察、夏季一泊研修を実施しています。また、会員同士の親睦をはかるため忘年会を兼ねたボーリング大会や温泉&スキーツアーも開催しています。
DMWに参加するにはお金がかかりますか?
参加の費用は、会場代として4,000円(一人1回)です。詳細はワークショップの開催内容をご確認ください。ただし、クローズドの場合は会員外参加することができません。
DMWの会員にはだれでもなれるのですか?
DMWにご入会いただくには、DMW会員からの推薦が必要です。詳しくは入会についてをご覧ください。